高校を中退したけど大学に通いたい場合

W

高校を中退しても大学へと進学する道が閉ざされている訳ではありません。

通信制高校に入り直して高校を卒業するのも一つの方法でしょうし、年2回行われる高卒認定試験(私が受けた時代は大学入学資格検定と呼ばれていました)に合格して大学進学を目指すという方法もあります。通信制高校の比較サイトはこちらです。
しかしどちらの方法を用いるにしても、これらの卒業(試験)のレベルとそれぞれの大学入学試験とのレベル差は相当の開きがありますので、大学に入学する資格を得たということ(第一段階)に満足していてはいけません。これはあくまで前提条件として、それぞれが希望する大学の入学試験に主眼を置いて勉強をして下さい。
自分の今の学力の水準を認めること(足元を見ること)はとても大事なことですが、目標とする大学の合格レベル(山の頂きを見極めること)も同じ位大事です。

従って両者を見比べた上で、その頂きへと登るために今の自分に何が足りていないのか、それをどのように埋める作業をするべきか、という工程の管理をしっかり行うようにして下さい。
実はこの現実と目標との乖離(かいり)を埋める作業というのは、会社で日々、仕事を行う社会人にも求められる作業です。

これが下手な人は社会人になっても「仕事ができない人」となり、これが上手に遂行できる人は「仕事のできる人」ということになります。
今はあまり想像しにくいかも知れませんが、今やっている工程管理という作業は、将来においても役に立つ作業だということだけ認識して頂き、その管理という作業に真面目に取り組んで頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>